ジェルネイルの持ちの平均はどのくらい

なのか気になりますよね。

 

長持ちするお手入れ方法とか知って

おきたいところです。

 

ネイルサロンやセルフでジェルネイルを

楽しむ人が増えています。

 

ジェルネイルの利点はなんと言っても

マニキュアより乾きが早い!持ちがいい!

 

しかしお手入れ方法や間違った施行をすると

2、3日で剥がれてしまうこともあります。

 

今回はお手入れを中心にジェルネイルが

長持ちする方法をお教えしちゃいます♡

 

 

 

ジェルネイルが長持ちするお手入れ方法

 

保湿をこまめにする

ジェルネイルをしたらまずは保湿に気を

配りましょう。

 

 

ハンドクリームとキューティクルオイル

 

(バラエティショップやネイルサロンに

1000円程度で販売されてます)

 

を用意しハンドクリームは乾燥が気に

なった時とお手洗いの度に、

 

キューティクルオイルは1日3回程度

爪の生え際に塗れたら理想です。

 

 

乾燥を放置すると、ジェルが爪から浮き

やすくなり剥がれやすくなります。

 

またグリーンネイルといって爪とジェルの間

に緑色のカビが繁殖しやすくなって

しまいます。

 

 

キューティクルオイルは使うと甘皮が落ち

着き、爪の乾燥も防ぎますので1本は持つ

ことをおすすめします。

 

 

水仕事やオフィスワークの注意点

 

日頃の家事はどうしてもジェルには負担

になります。

 

出来れば洗い物をする時はゴム手袋を

しましょう。

 

水に触れる前後はハンドクリーム

を塗るようにしましょう。

 

 

オフィスワーク時の書類整理とパソコンの

タイピングはジェルの寿命を短くします。

 

紙は手の水分油分を奪い乾燥の原因に、

パソコンのタイピングは爪自体への

衝撃があります。

 

 

保湿と、パソコンを使うことが多い人は

手のひらから爪を見て2mmくらいの

長さを目安にすると良いでしょう。

 

 

 

セルフネイル派のポイント

 

セルフネイル派の方への施行時の

ポイントです。

 

このひと手間で持ちが良くなります。

 

 

サンディング、爪の油分を除去

ジェルを塗る前に甘皮の除去、爪の表面を

軽くヤスリで削る(サンディング)

エタノールやプライマーで

 

爪の油分除去と削った時に出た

白い粉をしっかり拭き取ります。

 

 

市販のジェルの中にはサンディング不要のも

のもありますので爪が薄い、柔らかい人は

サンディング不要のジェルをおすすめします。

 

 

甘皮処理、サンディング、爪の油分ゴミ除去

をするだけでかなり長持ち

するようになります。

 

 

硬化前にはみ出たジェルを拭う

UVライトで硬化する前に皮膚に付いてし

まったジェルを綿棒やスティックで

取り去りましょう。

 

ジェルが浮きにくくなります。

 

またジェルが皮膚に付いた状態での硬化は

ヤケドの危険があります。

 

 

セルフでネイルをはじめてみたい!

という場合はこちらも参考にしてくださいね。

↓   ↓   ↓

シャイニージェルネイルキットの口コミ評判は?悪い評価の内容は?

 

 

 

ジェルネイルの持ちの平均はどのくらい?

ジェルネイルは適度に

 

お手入れをすれば最大3週間程度同じ

デザインを楽しめます。

 

ハンドクリームやキューティクルオイルは

様々な香りのものが販売されています。

 

お気に入りを見つけて楽しく

お手入れしましょう。

 

 

 

 

まとめ

今回は

『ジェルネイルの持ち』

についてお届けしました。

 

まとめます。

 

■ジェルネイルが長持ちするお手入れ方法

⇒保湿を心がけて!セルフ派は施行時の作業も重要!

 

■ジェルネイルの持ちの平均はどのくらい?

⇒お手入れをすれな3週間ほど!

 

 

せっかくジェルネイルをするなら

長持ちさせたいですよね。

 

保湿やちょっとしたコツで素敵な

デザインが長く楽しめちゃいますよ。

 

参考にしてみてくださいね♡