ジェルネイル検定の初級~上級の合格率は?

 

試験内容は実技とかあるの?

 

 

 

基本的にネイリストを目指す方が

 

資格として取得することが多いジェルネイル検定。

 

 

 

 

今回はそんなジェルネイル検定の合格率や

 

難易度について詳しくご紹介します☆

 

 

 

 

ジェルネイル検定の初級~上級の合格率は?試験内容は実技とかあるの?


ジェルネイル検定とは、

 

ジェルネイルの普及に合わせ

 

しっかりとした技術を持ったネイリストを育てるべく出来たもので、

 

正式名称をJNAジェルネイル技能検定試験といいます。

 

 

 

 

 

ジェルネイル初級の合格率は70%です。

 

 

受験資格は義務教育を終了していれば誰でも受験可能。

 

 

 

 

試験内容は筆記と実技です。

 

 

① 両手のネイルケア

 

 

② 左手のカラーリング

 

 

③ 右手のジェルカラーリング

 

 

④ 右手中指にピーコックを施す

 

 

 

 

初級合格ポイントは次のようになっています。

 

 

実技試験の場合、

 

担当の試験官の判断で微妙に結果が違います。

 

 

 

 

どうしても試験官のさじ加減になるので、

 

合格には運も必要とも言えます。

 

 

 

 

ジェルネイル中級の合格率は60%。

 

 

受験資格はジェルネイル初級合格者のみです。

 

 

※ネイリスト検定を持っているものは免除される項目あり

 

 

 

試験内容は実技試験 (所要時間:第1課題30分、第2課題85分)

 

 

第1課題

 

 

① 左手5本のネイルケア・カラーリング

 

 

 

 

第2課題

 

① 右手5本のジェルオフ

 

 

② 中指を除く右手4本のジェルグラデーション

 

 

③ 右手中指のジェルイクステンション(クリアスカルプチュア)

 

 

④左手5本のポリッシュオフ

 

 

④ 左手5本のジェルフレンチカラーリング

 

 

 

 

筆記試験(所要時間30分)

 

 

①ネイルに関する基礎知識

 

(衛生と消毒、爪の構造、爪の病気とトラブル、ネイルケア・ジェルネイルの手順、その他)

 

 

② ジェルネイルに関する基礎知識

 

 

 

になります。

 

 

 

 

中級合格ポイントです。

 

 

ジェルネイル中級の筆記試験は初級と同じで

 

ネイルに関する基礎知識やネイルケアなど

 

「ネイリスト技能検定2級・3級」と同じような内容になっています。

 

 

 

 

初級よりだいぶ難易度が上がっているので、

 

「ネイリスト技能検定の問題集」と

 

日本ネイリスト協会が発行している「ベーシックテキスト」で

 

しっかり勉強しておきましょう。

 

 

 

 

試験前日には、モデルのネイルのラウンドを取っておき、

 

ケアもきちんと行っておくこと。

 

 

 

 

モデルの爪の表面をつるつるに整えておくことが重要です。

 

 

 

 

中級の実技試験は非常に時間が長く、

 

全部で2時間にも及びますので、

 

次にどの作業をするか常に考えながら行えるようにしましょう。

 

 

 

 

「JNAジェルネイル技能検定試験 中級テクニック講座」のDVDなどを教材に、

 

流れとペース配分を体で覚えてください。

 

 

 

 

ジェルネイルの手順だけでなく、

 

実践的施術に関することも出てきますので、

 

専門用語などもしっかり暗記しておきましょう。

 

 

 

 

 

ジェルネイル検定上級!!合格率は??試験内容は??

ジェルネイル上級の合格率は45%!!

 

 

受験資格は中級合格者のみで

 

 

試験内容は実技試験のみ(所要時間:85分間)

 

 

① 右手人差指・中指のジェルクリアスカルプチュア

 

 

②右手薬指のジェルチップオーバーレイ+デザイン

 

 

※「フラワー」などのテーマが与えられます

 

 

③ 左手中指のジェルチップオーバーレイ

 

 

④左手薬指のジェルチップオーバーレイ+フレンチルック

 

 

 

 

上級合格ポイントです。

 

 

すでにJNEC検定1級を取得していたりサロンワークをされていても

 

不合格になってしまうほど難関で、

 

試験内容は実技のみになります。

 

 

 

 

ジェル検定上級はスタートから終了まで

 

85分間ノンストップになります。

 

 

 

 

アプリケーションまでを1区切りと考え

 

時間配分を組み立てると良いでしょう。

 

 

 

 

中級に比べて長さのあるイクステンションになるので

 

大量のジェルをすくって乗せるのが難しくなります。

 

 

 

 

長さ厚み出し用に

 

少し大きめのスクエアジェルブラシを用意しておくと

 

アプリケーションがしやすいです。

 

 

 

 

ジェル検定上級合格に向けて活用したいのが

 

スクールや通信講座です。

 

 

 

 

難易度が高い資格なので、

 

できれば対面で直接指導してもらえるスクールがおすすめですよ(^o^)

 

 

 

 

合格のコツはとにかく何度も繰り返して身体で技術を覚えることです。

 

 

自己流のやり方も良いですが、

 

誤って変なクセがつくと勿体無いので、

 

対面のスクールに通って技術をしっかり学びましょう!

 

 

 

 

 

まとめ

今回は『ジェルネイル検定の初級~上級の合格率は?試験内容は実技とかあるの?』についてお届けしました。

 

まとめます。

 

■ジェルネイル検定の初級~上級の合格率は?試験内容は実技とかあるの?

⇒初級70%、中級60%!実技と筆記の試験が☆

 

■ジェルネイル検定上級!!合格率は??試験内容は??

⇒合格率45%の難関!実技試験のみの勝負!!

 

 

 

 

やはり上級になるほど難易度が上がり合格率も低くなりますね。

 

 

 

 

ジェルネイルはどこのサロンでも主力メニューなので、

 

 

資格を取るとあなたのサロンワークがさらに広がりますよ♡

 

 

 

 

 
こちらもどうぞ!話題のネイルキットの口コミ評判
 
 
 
 

ネイルをいろいろ楽しみたいけど、自爪のケアも気になる場合こちらもどうぞ!

↓  ↓  ↓